もしもに備える保険の意義とは

もしもに備える保険の意義とは

保険の意義とは

健康保険、介護保険、生命保険、医療保険、傷害保険、がん保険、自動車保険、ゴルフ保険など、世の中には「保険」と名の付くものは非常に数多くあります。
ところでこの「保険」というのはそもそもどういうものなのでしょうか。
上記の中で言えば健康保険や介護保険は「公的保険」であり、その他は民間企業が運営する保険となります。
運営主体が公共団体であれ民間であれ「保険」というものは、多くの人が等分の負担をした上で誰かに万一のことが起こった際に支援をするという仕組みとなります。
例えば健康保険であれば、毎月所得額等に応じて保険料を納めます。
集まった保険料は誰かが病気やケガをした際に病院に支払う治療費の一部として使われます。
本来なら100,000円かかる治療をしたとしても、自己負担が30,000円で済むのは健康保険があるからです。
もちろん病気やケガを全くしない人にとっては、他人の治療費のために保険料を払っているということになってしまうかもしれません。
でも、病気やケガはいつ誰に起こるかはわからないものであり、昨日まで健康だった人が今日交通事故で大ケガをしてしまう可能性だってあるのです。
自分は健康だから健康保険など必要ないと考えていても、いざ病気やケガをしてしまった際には健康保険のお世話にならなければなりません。

保険は相互扶助の精神

「万一に備える」というのが保険の目的であり、誰かが誰かを支えるという相互扶助精神なのです。
近年は外資系などを含め「株式会社」という組織形態の保険会社が増えてきましたが、古くからの国内生命保険会社などは「相互会社」という組織形態です。
相互会社は一般的な株式会社などとは違い、保険契約者が社員となります。
保険業を営む法人だけの特殊な組織形態であり、社員と言っても雇用関係などは存在しません。
株式会社の場合であれば、会社にとっての大きな意思決定は株主総会で決議されますが相互会社の場合は社員総会で決議されます。
しかし相互会社である保険会社の社員は保険契約者ですので、その数は非常に大きくなりますので、社員全員が一堂に会するというのは非現実的です。
そこで多くの相互会社では社員の中から「総代」と呼ばれる代表者を選任して、総代のみによって開催される総代会を設置している場合が多いようです。
相互会社で保険契約をしている場合、年に1度「総代選出」に関する案内などが届いていると思いますが、ほとんどの方はあまり意味もわからずに放置しているようです。
いずれにしても「保険」というのは相互扶助の精神から生まれたものであり、いつか訪れるかもしれない万一のことに備えるためのとても大切なものと言えます。
公的な保険は強制的に加入しなければなりませんが、民間の保険は自分の意思で加入することになります。
どんなことに対してどれくらいの備えが必要なのかということをしっかりと検討してから契約しなければ、保険に入る意味はありません。
一昔前は「お付き合い」などで多くの保険に入っていた方も多いようですが、ムダな保険料は家計を苦しめることになってしまいます。
保険の意味をしっかりと理解して、自分に必要な保障を見極めていきましょう。